先々週から、ディープ・イーストのプラント現場に出ている。
これまでを振り返ると、コルカタにいるのは一ヶ月のうち一週間程度。
なのでコルカタのことはほとんど書けてない。
いっそのこと
「インド内陸徘徊日誌」
と、ブログのタイトルを変えた方がよいのではと思う。
でもまあいいや…

今いる内陸部では、連日45°Cを超えてるが、カラッとした暑さ。
熱風は強く吹き、砂埃が立ち昇る。

だが真夏の妙なワクワク感は、日本もインドもあまり変わらない。

この暑さがあるから、
分厚い防護服を脱ぐ瞬間が気持ちよい。
ぬるま湯化した飲料水が美味しい。
水シャワーだけのおんぼろ宿舎でも、水タンクが熱せられてホットシャワーに変わるお得感。
プラントしかない保守的な田舎街で、隠れて飲むビールが美味い。

夏休みの探検気分で楽しい。
熱中症なんかぶっ飛ぶ。
当分はコルカタに戻らなくてもいい。